美肌に必要なタンパク質

肌を美しく保つには化粧品で外から美容成分を補うだけでなく、内側からのケアも大切です。
ダイエットのために食事制限をしたり、肉や魚を食べない偏った食事をしていると肌がボロボロになります。
細胞を作っているのはタンパク質です。
タンパク質が不足すると細胞の修復がうまくできなくて、細胞老化が進み老けた顔になります。
タンパク質が多い食品は、肉・魚・卵などです。
これらはカロリーが高いので、ダイエット中の女性は避ける傾向にあります。
タンパク質が不足するときれいにはなれないので、毎日欠かさず食べるようにしましょう。
カロリーが気になるようなら魚がおすすめです。
魚には美肌を作るオメガ3系の脂肪酸が豊富に含まれています。
オメガ3は細胞膜の原料になってつやつやの肌を作ります。
太りにくい油なので魚を食べても太る心配が少ないです。
大豆は低カロリーでタンパク質が豊富な食品です。
豆腐や納豆など大豆製品をうまく食事に取り入れましょう。
タンパク質をしっかり摂って内側からのケアも忘れないでください。
おば顔

コメントは受け付けていません。