‘2014/11’ カテゴリーのアーカイブ

乾燥肌改善にはタンパク質

2014/11/06

肌の水分保持力は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%です。
細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれます。
偏った食事、無理なダイエットを続けていると、栄養バランスが崩れてターンオーバーが乱れます。
水分保持成分も正常に作られなくなるので、乾燥肌になります。
乾燥肌を改善するには、外側からのケアだけでなく、食事を見直す必要もあります。
タンパク質は細胞や筋肉を構成する成分です。
不足するとターンオーバーが乱れます。
ターンオーバーを正常にするには、1日3食毎回タンパク質を摂取する必要があります。
タンパク質が多い食品は、肉・魚・卵・乳製品・大豆などです。
動物性脂肪の過剰摂取は皮脂分泌を促してニキビの原因になるので、植物性タンパク質を中心に摂りましょう。
日本にはみそ、納豆、豆乳、ゆば、豆腐などさまざまな大豆製品があります。
低カロリーなのでダイエット中でもカロリーをあまり気にせずに食べられます。
しっかり食べて体の内側から整えていきましょう。
バストアップサプリ ランキング